【web制作】プログラミング独学1か月目のふり返り【進捗や反省】

Web制作

・プログラミングの独学をこれから始めたい

・失敗しないように、ほかの人の経験談を知りたい

・続けるコツや、知っておくべき情報が欲しい

そんな人に役立つ内容です。

 

こんにちは。プログラミング初心者のharuです。

 

*haru*
2歳0歳の子育てをしつつ、全くの未経験からプログラミングの独学をスタート。
開始:2016年5月11日〜
この記事を書いている時点で、丸1ヶ月が経過しました。

今の気分、楽しい!めちゃ楽しい!ですw

 

しかし、1ヶ月勉強してみて

「あ〜もっとこうしとけば良かったな〜」という点もあり。

 

これを期に、学習の進捗や反省をつづりたいと思います。

これからプログラミング勉強を始める人の参考になれば幸いです。

 

学習環境

まず、わたしの学習環境について書いておきます。

わたしの学習環境

わたしのプログラミング学習の環境はこんな感じです。

 

・2人の娘を育児しながら、寝かしつけ後に2時間学習
・最初はSurface lap top(Windows)で学習スタート
・現役エンジニアの友人1名
正直なところ、0歳児の夜間授乳が辛いです。
しかし、育児中の人は睡眠を削ってやるしかないかと(;´`)

✔︎現役エンジニアの友人

余談ですが、

わたしのプログラミング独学は、現役エンジニアの友人に「プログラミング教えて〜」と軽いノリで言ったことから始まりました。笑

 

仕事が忙しいなか、エンジニアの基礎〜学習方法まで教えてもらい、

zoomで近況報告をしています。

 

感謝...(´・ω・`)!!

 

まわりにエンジニアの友人がいる場合は、

つながったりメンターになってもらうことをおすすめします。

 

✔︎windowsのPCで学習していた話

最初は、持っていたsurface lap topで学習スタート。

 

結論、しばらくはwindowsでも全然支障なし

 

各種エディターはwindowsでも使えるし、

最初に学習するhtmlやcssの環境構築の方法も変わらないからです。

 

しかし、わたしは開始から1ヶ月を待たずにMacbook airを購入しました。

 

理由は、

・言語によっては、環境構築がWindowsに比べて簡単

・わからないことをググってもMac向けの解説が多いから

・いずれ買い換えるなら、早くMacの操作に慣れておきたかった

・将来web制作の仕事をするにあたって、photoshopやillustratorを使用したかった

 

だからです。あ、もちろんテンションも爆上がりですw

 

エンジニアのほとんどがMacを使っているため、Mac向けの情報が多いことは確かですが、Windows向けの解説もないわけではありません。

 

エンジニアとしての進路(使う言語)にもよりますが、

コーディングのみをするのであれば、無理にすぐ買い換える必要もないのかなと思います。

今のところ考えている進路

わたしの今のところ考えている進路は、

「Web制作をやりたい」です。

 

子どもを見ながら、完全在宅でフリーランスとして活躍する道を模索したいと思っています。

学習時間について

よく何事も習得には最低1000時間かかるという話を耳にします。

・1日2時間×30日間=60時間
・このままのペースで行くと1年で720時間

育児しながら1日2時間コツコツ続けていっても、

わたしの場合は基礎の習得までに1年以上はかかるのかな?と思っている。。

 

地道にコツコツ進もう。。

学習の進捗

1ヶ月、1日2時間の学習でどこまで進んだかを参考までに書いてみます。

 

・ドットインストールHTML/CSSの無料講座

・ドットインストールのJavascript無料講座

・progateのHTML/CSSの上級編まですべて(一部有料)

・Wordpressテーマ「Write」の模写

 

約60時間を費やして、ここまで終わりました。

途中からドットインストール→Progateに浮気・課金

有名なプログラミング学習サービスに、

 

・Progate
・ドットインストール

があります。

 

わたしはどちらも使ってみたのですが、どちらを使うべきなのかは「好み」なのかなと思います。

 

Progate:スライド学習→Progate内のエディターで実際にコードかける
ドットインストール:1本3分以内の短い動画で学べる→自分で用意したエディターで実践
わたしは、
”動画をその都度止めて→手を動かす”というのがめちゃめちゃ面倒
だったので途中からProgateに浮気しました。
タブレットがある人はささっとスライドの確認ができて便利です。
(※スマホからは、アプリを使うと一部の確認は可能)

そして「模写」をしてみることに

Progateのhtml/CSSが終わったあとは「サイト模写」に挑戦してみることに...!

 

「アウトプットしないと確実に忘れるな、これ」と焦ったからです。

 

そんなとき見つけたこちらのツイート↓

 

らいちゅうさん(@Peepee_koala)のツイートを見て、

はじめての模写におすすめなWordPressテーマ「Write」を知る!

 

ハンバーガーメニューなどの動きはあるものの、

それ以外の見た目はすごくシンプルでできそうだなと思い選びました。

 

最初から難易度高いのやって挫折すると嫌なので、

一番かんたんそうなものをリサーチして

とにかく「挫折しないこと」を第一に学習を進めました

 

模写するときに使ったツールや、つまずいたところの記録は、

長くなりそうなので別の記事にしたいと思います(´・ω・`)

1ヶ月やってみて分かったこと・反省

最後に、1ヶ月やってみて分かったこと・反省について書きます。

 

Progateが終わったあとは、模写すべき

 

一番伝えたいことです。

 

Progateなどでhtml/CSSの基礎を学んだあとは、
なるべく早く「サイト模写」をしてアウトプットをすべきです。

 

なぜなら、自分が模写をやってみて

「Progateで学習しただけじゃ何も身についていない」とわかりました。

 

理由は、

・Progateでは「ここにCSSを追加しましょう」などの指示がある

・指示どおりに頭を使わず進めてしまいがち

 

だからです。

 

指示どおりにやるのは楽でサクサク進んで楽しいですが、

1から自分でやってみようとすると「あれ?どうするんだっけ?」の連続です。

 

 

このように実際に手を動かしてみることで、学びはたくさんありました。

 

・レスポンシブで悩み過ぎてハゲた
・何をやるにもエラーばかりでググりまくった
・簡単そうと思ったのに、2時間×8日もかかった

 

などなど。

 

Progateで学んだことをアウトプットしてみることで

本当の意味で身についたと言えると分かりました。

 

Progateの道場コースは必須、模写もできればやっておくべきだと思います。

 

twitterにコードメモを書くのは微妙

反省は、twitterにコードメモを書いていたけど微妙だったことです。

 

 

こういうのって書く時間を取られるわりに、

後からメモを見たいときに検索しにくすぎます。

 

途中からは、コードメモはやめました。

→現在は、「Evernote」につまずいたコードを集約

次につまずいたとき、Evernoteから検索しています。

 

✔︎ちなみに、わたしのtwitter活用

ちなみに、わたしのtwitter活用法は

#今日の積み上げ でやることを宣言すること。

 

 

これはやっている人も多いですが、

twitter上で宣言すると「やらなきゃ」という気持ちになります!

 

自分の学習ログが残っていくっていいですね。

この日々積み上げている記録が、やる気につながり継続できています。

まとめ

プログラミング独学1ヶ月目のふり返りは以上です。

要点をまとめます。

・エンジニアの友人とはつながったほうがいい
・Progateのhtml/CSSが終わったら、サイト模写したほうがいい
・コードメモをtwitterでやるのは微妙→Evernoteが便利
・#今日の積み上げ ツイートが継続につながっている
以上です。
プログラミング独学、一緒にがんばっていきましょう!!
タイトルとURLをコピーしました